2010年11月22日

情報教材の性質、特徴

◆情報教材の性質、特徴


情報教材は先駆者の誰かが成功し、
そのノウハウを書き留めた教材だと前項で申し上げました。
しかし、ただの記録だけでは教材として成り立ちません。
他の人が再現出来て初めて情報教材と呼べるのです。




住んでいる場所、個人の性格、男女の違い、年齢など環境や条件が
違っていても再現できる必要があります。
たまたま運が良くて起きた出来事などは他の人にも再現できなければ
情報教材としての価値は生まれません。
まして販売などできる訳がありません。




もし条件が必要なら「妊婦さんだけ」のように限定されています。
他の人は買わないでほしい表示があります。
当然、男は買いませんし老婆も買いません。(笑)




このように極端な例はいいとして、深刻なのは個人の性格による再現性
の可否に議論が必要なところなのです。




個人差でもっとも難しいのはこの部分です。
・短気や短絡的な性格とのんびり型の気長な性格の違い。
・達成意欲の強弱の違い。何としてでもという気持ちが有るか無いか
・プラス思考(ポジティブ)ORマイナス思考(ネガティブ)の違い。




今までの生い立ちなども関係してくる個人差、苦労の度合も人によって
大きく違うところです。




ですから、同じことをやっても、これくらいの苦労は苦労と感じない人もいれば、
その逆にこんな事はやってられないと感じる人もいる訳です。




また、金銭的に余裕のある人とそうでない人の違いも再現性には大きく
関わりがあります。
余裕のある人は途中で投げ出す可能性を秘めているが、
余裕のない人は当然とことこ追求をしていきます。




私の経験から申し上げて、再現性については必ず教材のマニュアル
ないし指導通り最後までやり通すことが大切です。
途中で自分の考えや経験に基づいて変えてみたい衝動が生じますが、
それをやると失敗します。




最後までやり通せないのは論外です。
途中で自分の考えを挟んで実行するのもNGです。
あなたが思いつく程度の事は先駆者も当然、実験済であると思ってください。




大工に弟子入りした丁稚(でっち)が勝手なことをして棟梁(とうりょう)に叱られる、
当たり前の風景なのです。
なんのための投資かわからなくなってしまいます。




ところが、
情報提供者と実践者は他人同士、どこで何をしているのかわからない
世界で、努力もしないで再現できないと言う苦情だけが表に出て来て
情報ビジネスは再現できない詐欺商材だとなる訳です。




大工の棟梁(とうりょう)ならとっくに叱っています。
「そんなやりかたで上手く行く訳が無い」ってね。




これが100%とは言いませんが、かなりのウエイトを占めていると思われます。




近年、情報教材の質は良くなって来ているのは事実です。
情報教材がこれからの人間社会において必要不可欠なことも明白なことです。
そんな大切な情報産業を潰すも活かすも私たち利用者の取り組み次第で
決まってきます。




どうか食べず嫌いをやめて、人を信じて見て下さい。
勇気が必要かも知れませんが、きっとあなたにとってプラスになる出来事が
起こると思いますよ。




以上が「情報教材の性質、特徴」です。長文をここまで読んで頂いて
ありがとうございます。
あなたはきっと情報教材に興味がお有りで、どこまで信じて良いものかと
思案をされていることと思います。




私は今までかなりの情報教材を購入して来ました。
しかし、騙されたと思ったことはまだ一度もありません。
全て私の中で息づいています。



運が良かっただけでなのでしょうか?
いいえ、あなたが思っているほど悪い人ばかりでは無いということだと思います。

posted by net114510 at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教材とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報教材購入の目的

◆情報教材購入の目的


人はそれぞれ目指している事が違います。
目的が何であれそれを達成する事が次のステップへ
つながる踏み台となるのです。




次のステップへ進むために、
何としても今の課題をクリアーする必要があります。
しかし、インターネットが無かった時代では人脈をたどって
その道のプロを探すしか無かったのです。



現在では知人だけを頼る必要が無くなりました。
インターネットと言う素晴らしい環境が整っているのです。
日本全国の人と瞬時につながる事が出来ます。




この素晴らしい環境を利用してあなたの必要な情報を引き出す
ことができます。
それが情報教材の良い所でもあるのです。
あなたと同じ悩みを持つ人、あなたと同じ苦労をして来た人は
全国にたくさん居るはずです。




その方達の中には見事難問を解決され、人生の次のステップへ
進んでいる人も多いはずなのです。
その方達の情報を手に入れてあなたは同じ失敗を回避し、
一直線に目標を達成することが次のステップへ進む近道だと思うのです。




情報を買うという習慣は日本人は特に遅れているようです。
せいぜい新聞紙を買うか、NHKの受信料をイヤイヤ払うかでしょう。
アメリカでは情報産業の規模は数兆円にも昇り、年々増え続けているようです。




娯楽や楽しみにお金を支払うけど、情報にはお金を使わない日本人。
もちろん私も日本人、その気持ちは十分理解できます。
せっかく稼いだお金です。楽しいことに使うのが一番効果的です。
その為に苦労しているのですから、全然間違っていません。




でも私は最近気が付きました。
娯楽や楽しみに使ったお金は正味、充実感は得られます。が、
しかし、完全なる”消費”なのです。




「消費」を辞書の三省堂で調べてみると、
(1) 物・時間・エネルギーなどを、使ってなくすること。
 例「時間を無駄に消費する」
(2) 欲望充足のために、生産された財貨・サービスを使うこと。




では、「投資」は?
投資=さらなる利益を求めて資金を投下すること。




情報教材を購入する目的は消費では無く、投資だったのです。




情報教材は自分自身への投資です。
その情報によって自分自身を向上させ、新しい何かを生み出すための
新しい知識となります。




お金を使って楽しんで終わりではありません。
単なる消費とは意味が違うと私は思いたいのですが、
あなたはどうお考えでしょうか。

posted by net114510 at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教材とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情報教材の定義

◆情報教材の定義


ある目的のために努力している人の疑問や課題、あるいは行き詰まりに
対して専門家や経験者いわゆる先駆者が、その体験を元に解決策や
ノウハウ、攻略方法など説いて記録したものを他の人が再現ができよう
教材化したもの。




尚且つ、インターネット上で検索でき、ダウンロードによって即時入手
できる電子書籍にしている。例外としてパソコンを利用しない人の為に
印刷した冊子版も用意していることもある。




料金には、いわゆる開発料や著作料、アイデア料に似た金銭的な
付加価値が加算されているのが一般的である。
その情報内容は著作権法により保護されていることが多い。

posted by net114510 at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教材とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

情報教材の特徴と注意点

【情報教材の特徴と注意点】


情報教材は今では無くてはならない商品として認知されて来ています。
インターネットの普及により従来の出版という壁が取り払われ個人レベルで
ノウハウや発明、発見など電子ブックによる作成やテキストファイルによる
伝達方法が簡単に行えるようになりました。


その人しか経験し得なった体験から生まれる攻略法やノウハウ、
偶然気が付いた発見、その人だけのひらめきなど、多種多様の分野の
人達から発生してくる多くのアイデア、これらを必要とする人達に伝達する
手段として情報教材が生まれて来ているのです。


情報教材は主にPDF形式のファイルによってインターネットでダウンロード
しパソコンの画面で読んだり、プリントアウトして冊子にして使える便利な
電子書籍です。



欲しい情報が自宅に居ながらその場で手に入る、専門家のノウハウや
攻略方法、教材マニュアルとして急成長している産業なのです。



情報教材を説明するために書店の本と比較すると情報教材がどのような
特徴があるのかわかり易いと思いますので、そこからお話ししたいと思います。



書店の本は平気で買えるけど、情報教材は騙されるのが怖くて買えない
と思っていませんか?
もし、そうならこの先を読み続けてください。



◆書店で売られている本と情報教材の決定的な違い

書店で誰でも手に入る本は500円〜2,000円程度のものが多く、
必要としている人の間で簡単に購入することができます。
誰でも知ることができる情報となってしまい、言い換えれば時間とともに
一般常識の範囲で誰でも知っている、それを知っていても優位な情報と
なり難いと言えます。



例えば手品師が人を驚かせる見事な技で観客を魅了します。しかし、その後、
種明かしをした暴露本が書店で売られていて、みんながその方法を知って
しまうとそれはネタは常識の範囲に納まってしまいます。その手品師は他の
人との優位性、差別化、希少価値が無くなってしまいます。
※この例をAとします。


しかし、その手品師があなただけに1万円でそのタネを教えてくれとしましょう。
あなたはその手品師と同じように人からスゴイと呼ばれるようになるでしょう。
※この例をBとします。


AとBの違い
Aは他の人が知っていることをあなたも知ることができます。情報を得ても
他人と同じレベルに追い付くだけです。
Bはお金を投資して購入した人だけが知ることができる情報です。投資していない
他の人は知ることができません。またどこで売られているかも分かりません。
従って、他の人より優位に立てる、ライバルとの差別化、希少価値が生まれます。
Aは書店の本で情報教材はBなのです。


こんな例もあります。
例え書店で売られていても他の人には興味が無く、あなただけに重大な価値
の有る情報、あなた特有の病気とか、あなた個人の悩みとか、あなたが絶対に
目指したい物事とか、まざまな方面で人それぞれに有ると思います。



しかし、あなた個人の求めている特例を網羅した本はなかなか見当たりません。
たとえ見つけたとしても、その数は極少ない量でしか無いと思います。



それは本のもつ宿命とでも言いましょうか、本は出版するからには
売れなければなりません。売るためには大衆受けしなければ量が出ません。
その本を求めている人が多ければ出版しても元がとれるという考えのもとで
生産されています。



書店で買う本ではあなた個人のニッチな要求を満足してくれる情報は得られ
難いと言えるのです。少なくとも他の人に差をつけられるようなニッチな情報
は皆無と言えるでしょう。



そうで有れば次にどんな方法をとることになるでしょうか?
私なら、知り合いを通じてその専門家を探し出し、詳しい人に教えてもらい、
役に立つ情報ならお礼をします。



詳しい人が見つかれば運が良い、大抵の場合見つからないまま終わってしまう
事の方が多いのです。あなたもそんな経験ありませんか。



インターネットの無い時代ではこれが当たり前のように行われていたのです。
こうするしかなかったのですね。



しかし今はネット時代、昔の不便を解消する事が出来ます。
沖縄の人が持っているノウハウを北海道の人が探し出し、情報を得ることも出来る
時代です。人づてに探す必要も無くパソコン画面で検索し見つけることが出来る
時代なのですね。



必要な情報を探す、知りたい、他の人に差を付けたい、情報が有れば自分が助かる。
と言った昔からある人間の欲求を形を変えて満たしてくれるのが、インターネットで
ドウンロードする情報教材です。知り合いの詳しい人を探してもなかなか居ないし、
また、人脈も無い。昔からあるニーズだったのです。


その情報を得ることで優位性、差別化、希少価値を得て自分自身を向上させる
ことができる、または、ほとんどの人が知らないニッチな情報を得ることで自分自身
が救われるといった場合も多く、深刻な事例では命まで救われたケースも
少なくありません。



書店の本と情報教材の違いがなんとなく見えて来たような気がしませんか?
価格が安いしどこでも売っていることで他人との差別化、希少価値
が失われてしまいます。だれでも知っている常識となってしまうからなのです。



簡単に言いますと、書店の本は他の人と同じレベルに追い付く為のモノ。
情報教材は、お金を出して自分自身に投資をした人だけが、その情報によって
恩恵を受けることができる、多くの人が知らない貴重な情報、それが情報教材なのです。


そんな価値のある情報教材は欠点も存在します。
それは、書店の本にはない落とし穴が隠れているのです。



書店で売られている本では、その過程や環境において、おかしな内容のシロモノは
まず無いと言っていいほど出版されていません。それは言論の自由という
意味のことではなく、辻ツマが合わない話とか、騙し、詐欺的内容、嘘、偽りと
言ったものを費用を掛けて出版もしないし、その前に編集社によってボツにされるでしょう。



ところが情報教材の方は一つ間違えば危険性をともなうことも少なくないのです。
それはひとえに個人レベルでも行える電子ブックの編集や情報特有の内容
を伏せる性質からきている騙しネタ、詐欺情報を作成し易い環境にあるからなのです。



あたかも実践可能のように書かれているが実際はとてもじゃない実行
不可能な内容や、極一部の限られた人だけは成功するがほとんどの人には
再現性がないものなど、実際購入してやってみなければ判断し難い
内容のものが多く含まれていたのです。



情報商材が普及し始めたころは10年ほど前は多く発生していたようです。
ここ3年ほどで、かなりマナーは良くなり、情報提供者も詐欺と一緒に
されたくない一心で、懇切丁寧に事実や証拠、そして再現性のモニターテスト
などを盛り込んでさらには、アフターフォローと返金制度などを付ける
サービスも多くなってきました。



それに加え、書店の本のような出版社や編集社的存在のASP
(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)の審査機能の厳格化なども
拍車をかけ、次第に情報商材も健全化に向かって成長しているのです。



書店の本は平気で買えるけど、情報教材は騙されるのが怖くて買えない
と思っていませんか?

もしそう思われているなら古い情報がインプットされたままの状態が
続いています。



急成長を遂げる情報教材は急成長で改善されているのです。
それが無ければ急成長していません。



ただし、情報提供者個人を信用するには限界が有ります。
従ってASPだけは間違えないでください。審査機能の厳格化を行っている
ASPは現在私の知る限り2社です。
・インフォトプ「Infotop」
・インフォカート「INFOCART」

posted by net114510 at 12:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報教材とは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
グループウェア 自動上位ツール
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。